キャリアサポート

社員一人ひとりのスキルやキャリアプランに応じた研修が充実

入社後は、社会人としての基礎や、エンジニアとして必要なスキルを身に付ける研修を行います。その後も、一人ひとりのスキルやキャリアプランに応じて、継続的に研修を実施し、社員の成長を全面的にバックアップします。

新入社員研修

  

設計研修(初級)

資格取得をサポート

資格を取得するための研修費用を会社が負担し、スキルアップをサポートします。 また、奨励資格を取得した場合に、奨励金を支給します。

資格取得例

インフラストラクチャ
  • 技術士
  • 工事担任者 AI・DD総合種/DD1種
  • 電気工事士 第1種/第2種
  • 土木施工管理技士 1級/2級
  • 陸上特殊無線技士 1級/2級/3級
ICTソリューション
  • ORACLE MASTER Platinum/Gold/Silver/Bronze
  • CCIE/CCNP/CCNA
  • 応用情報技術者/基本情報技術者

最先端の研究開発業務に従事(開発員研修制度)

研究所に出向し、より高度で快適な通信環境の実現の為の最新技術の研究に携わることができます。

開発員研修制度とは・・・

NTTアクセスサービスシステム研究所(AS研)※ へ出向し、開発員として最先端の研究開発業務に従事する制度です。 現場技術者と開発技術者のノウハウの融合による相乗効果が期待されており、最新技術・開発スキルの習得や幅広いヒューマンネットワークの形成を図ることができます。

 

※NTTアクセスサービスシステム研究所(AS研とは) お客様とNTT通信ビルを結ぶアクセスネットワークに関する研究開発を行っている研究所です。 次世代ICT基盤による豊かなコミュニケーション環境づくりをテーマに、さまざまな研究開発に取組んでいます。

開発員研修を通して

設備事業本部テクニカルエンジニアリングセンタ  原田 智樹

私は平成27年4月から平成29年4月までの2年間、AS研へ出向し、開発員として研究開発業務に従事しました。入社以来、電気通信設備工事の設計業務や工事の進捗管理業務に従事してきた私は、研究開発業務に携わるのは初めての経験でした。不安もありましたが、現場の声を反映し、施工性を重視した技術開発に少しでも貢献できればとの思いを持ち着任したことを覚えています。

私が所属したグループは「光通信設備の効率的な保守・運用を目的とした技術の創出」を開発の目標としており、その中で私は「保守工事の効率化に向けた技術検討」をテーマに取り組みました。3Dプリンタを用いた試作機の開発や光学測定機を用いたデータ取得・解析などの検討を進めることで、「保守工事の効率化に向けたシステム」の基礎技術を確立する事ができました。施工性を考えた技術開発に貢献できたのではと実感しております。

開発員研修を通して、知識や関連技術の取得だけではなく、研究開発に至るまでの考え方や取組む姿勢についても理解を深めることができました。これは「問題を多面的にとらえ正しく問題解決する力」として、現在の業務でも活かせています。また、NTT社員の皆様、開発員の皆様とさまざまな活動を通じ、親睦を深めることができたことは、今後の私にとってかけがえのない財産となりました。